WebNMS M2M Platform

開発効率を最適化!M2Mシステム・アプリケーションの開発に

WebNMS M2M Platformは、機器ベンダやM2Mソリューションプロバイダの要求仕様に合わせて拡張できるM2Mに最適な開発プラットフォームです。無線通信経由でユーザの資産をコントロールし、マシン間のコミュニケーションを有効に活用できます。クラウド環境でも稼動し、RTU(Remote Terminal Unit:遠隔端末装置)やセンターのNMSを統合し、お客様のビジネスに最適なソリューションを提供できます。

WebNMS M2M IOT Platoform

開発の柔軟性

ドメインのカスタマイズが可能で、簡単なシステムインテグレーション用のオープンAPIも装備しているので、開発期間を圧縮します。また、大規模かつ高可用性のクラスタ向けの分散型プラットフォームとして、動作可能時間を保証するよう設計されているのも特長です。

WebNMS M2M Platform

開発を効率化する標準機能

受動型のインフラを監視およびコントロールし、多数のデバイスからなる大規模ネットワークを運用することができます。機能モジュールには、障害コリレーション、パフォーマンスKPI分析、マップ、デバイスコンフィグレーションとファームウェアのバージョンアップ、サービスのプロビジョニング、およびAAAセキュリティがあります。

通信キャリアへの導入実績

WebNMS M2M Platformは、開発要件に強いネットワーク管理ツール「WebNMS Framework」で構築されています。WebNMS Frameworkは、世界25,000社以上の機器ベンダや通信キャリア、ISP事業者に利用されています。

メディア掲載

2014年6月6日(金)
businessnetwork.jp

株式会社リックテレコムより取材の依頼を受けbusinessnetwork.jpおよび月刊テレコミュニケーソン5月号に掲載されました。
» 記事ページはこちら

ソリューション
ATMサイト管理
携帯電話基地局管理
送電網管理
交通インフラ管理
データセンターインフラ管理
資料請求・お問い合わせ
WebNMS M2M Platformを構築する、開発要件に強いネットワーク管理ツール「WebNMS Framework」に関する請求のご請求・お問い合わせはこちらより、お気軽にお問い合わせください。
お電話によるお問い合わせ
050-2018-7405  (受付時間 平日9:00~18:00)
Copyright© Zoho Japan Corporation. All Rights Reserved.   会社概要  |  個人情報保護について  |  サイトの利用条件